Home > 第一話 創業期 / 第二話 設立期

第一話 創業期 1972年-1976年

ここから歴史が始まる

創業は、たった一本のペンチから・・・

それは社長・上野政巳が18歳のころ、明野村(現・北杜市明野町)の自宅敷地内にあるお蔵の2階で、一本のペンチから始まりました。

作業といえば、ペンチを使用しクロスバー交換機に用いられる束線の被覆剥きでした。来る日も来る日もペンチで被覆剥き作業を繰り返したことにより、ペンチをつかむ自分の手にはマメができ、さらには手の皮を剥いていました。それは、品質と納期を守るための産物でした。

若き日の上野政巳

上野政巳は、『ペンチは自分の手を傷める工具ではあるものの、その工具のおかげで生産性を高められること』に気づきました。それにより、工具を自分の手と同様に大切にし、感謝しました。

創業者がたった一本のペンチで起業した上野電子は、工具や治具を大切に扱うこと、道具に対して感謝報恩の精神から歩み始めました。

第二話 設立期 1977年-1986年

新社屋設立

社屋を建設

身長160cm、小さな体躯の上野政巳の行動力は卓越していました。生産現場や営業の最前線で陣頭指揮を執り、率先して社員と共に行動しました。

その企業努力が実り、韮崎工場(現・韮崎本社)の社屋の建設に繋がりました。第一期工事として1977年3月、一階建てのプリント基板・組立ラインの工場を建設し、1986年8月、第二期工事として本社社屋を増築し、完成させました。

小さな巨人

小さな体躯ですが、まずは社屋建設という第一歩を踏み出し、いまもなお大きな夢を実現し続けています。

  • Last Modified: 2009年3月30日 16:21

Home > 第一話 創業期 / 第二話 設立期

Return to page top